のいろぐ

ただのひまじん。

友達の歌メモなどなど

補完したくて。たたみます!


友達 友達 友達を作ろう

君が友なら 僕は達

つらいを半分 半分こ

楽しいを倍々 倍にする

友達 友達 友達を作ろう

「どうして世界は二つでできているのだろう?」

「黒と白」

「恐喝道場

「もっと高く」

「その高くじゃない」

「不満か?」

「いえ」

「休憩は終わりだ」

「魂ぬきの訓練を行う」

「僕、友達探す」

「友達!友達!」

「今、忙しい」

「いつならいいの」

「1000年後」

「1000年後、やったーって遅すぎる」

「うん…うん…うんめー」

「偶然だ」

「運命!」

「もうすぐ絆が生まれるんだ」

「君は友がいい?達がいい?」

「わかったよ。僕がとで君がもだちでいいよ」

「ひどいよ。君って本当に悪魔みたいだ」

「僕はずっとこの数字が嫌いだった」

「悪魔の中の18782がなんで僕なんだろうって」

「お前は大丈夫か?」

「友達ってなんだよ?」

「友達がいればね、永遠にやってくるさみしいって気持ちにあわわってならなくてすむんだ」

この台詞だいすき(;_;)

「万が一、友達になっても恥ずかしいから俺はその歌、歌わないからな」

「僕と友達が癌細胞?」

「ごめん、ごめんね」

「僕が君の大切なもの?」

「嬉しいな」

「友達の歌、歌ってよ」

「こいつを生き返らせて下さい」

「俺の初めての友達を生き返らせて下さい」

「僕たちは黒でも白でもなくて、一緒に友達の歌を歌ってたんだ」

「泣いてるの?」

「泣いてない」

「目から水が出てるだけだ」

「それを涙っていうんだよ」

「僕たちって友達?」

「さあな」

「じゃあ、僕と友達になってくれませんか(?)」

「天使は白く」

「悪魔は黒く」

そういえば、きみとが最後の挨拶のお辞儀する時に手を前に寄せてペコッとするのがなんかすき。