読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のいろぐ

ただのひまじん。

RING WONDERINGもろもろ

なんでやねん、お疲れ様でした。

たたみみます!



私、いろいろと書いてたんだけど面白いとは一言も書いてないです。

楽しいは楽しいけど、笑いのベクトルが私のすきな方向ではなかったので…。

ちょっとぐだぐだすぎるかなと思ってます。

あと、なんといってもテンション下がったのはステージの低さ。

後ろの全体が見える席に1度も座れなかったので、キャストさんが座ってやっていることが全然見えなくて。

笑いどころもわかんねーよとね。

結局、冒頭と最後で森本さん・林さんが何をやっているのか全く見えずに終わりました…!

とっても残念でした。

前にスペゼロで舞台を観た時にも視界が悪い時があって、やっぱり面白くなかったなって感じたのです。

視界、とっても大事!

第2回公演も決まったということなので、次回はそういうところが改善されてるといいです。

だってみんなとっても素敵な役者さんなのにそんな理由で面白くないって思われるのもったいない、絶対。


ただ何も考えないで笑えたかな。話は深追いしなくていいのかなって感じで見てました。

私、理解力に欠けるので…。

「なんでやねん」っていうのがなんかキーワードなんだろうなってぼやっと思いながらです。

千秋楽ははちゃめちゃすぎて、楽しかったけどそれでよかったのかなって少し思ってます。

ただ山崎さんが葉山くんすきになってくれて、本当によかったねと和みました(笑)

山崎さんが「イケメンは嫌い」だったけど、アプローチの仕方が違って色々吸収することが出来ましたって話してたのが印象的でした。

葉山くんが日替わりでモノマネをするところがあったんだけど、たぶんアドリブでそれじゃないのが見たいって困らせてました(笑)

あと最後にハグするところがキスに。葉山くん曰くギリギリ口ではなかったらしい。

「最後の最後でテンション下がりました」って話してた葉山くんもひどくて楽しかったです。

松金さんかっこよすぎでした~。


そんな千秋楽も大希くんは抜群の安定感でした。

所長にも「お前だけは安心」と言われるくらいです(^▽^)


なんか書いてるととても楽しくなりますね、うん。


お疲れ様でした!細々したところは後々書けるといいです。