読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のいろぐ

ただのひまじん。

激動 新国立劇場 8/28 19時

舞台

行っ.てきました。

思ったよりもうちから新国立劇場に行きやすかったことに驚きました。なぜ気付かない。


一応、お目当ては原嶋さん。

席は後ろだったのですが、センターだったのでわりと見やすかったです。

開演前はステージに縦に「激動」と映し出されていました。

新国立劇場なので椅子が快適で助かりました。

1幕60分

休憩15分

2幕60分

公演時間としてはちょうどいい位でした。

セットが素敵でした。

一番後ろの壁に血がついたようになっていて、そこに傷痕のように刻まれていました。その傷痕に添って扉があったりして。

最初から血の壁は私にとってかなりの恐怖だったのですが。

でも、あれって何を表しているのかな。パンフレット読めばわかるかな。

あとは、後ろから手前に広がっていくスロープのようなセットがよかったです。

照明とセットの話になるけど、スロープが紅い斑模様になるのが毒々しくていいなと。

それから、四角の照明っていいですね!

牢獄(?)と面会室のところがきれいだなって。

ただ最後緒方が思いっきり境からはみ出して芳子に手を伸ばしたのはじわじわきましたけど。影が出ちゃっている(…)

鏡に見立てた(?)板の仕切りみたいのもキレイだったなぁ。

一旦ここまで。