読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のいろぐ

ただのひまじん。

恋するブロードウェイ vol.4 5/28 19:00 博品館劇場

たたみます。いつもの感想なので楽しくないです。

f:id:noislog:20150529005404j:image:medium


まさしはセンターがよく似合う。

そう思わされる公演だった。

大きな身体から繰り出させるダイナミックなダンスはついつい目で追ってしまう。

まさしとシンメトリーとなった大希くんは想像以上に華奢で、こんなに違ったんだっけ、体格って思わされてしまったほど。

しかし、大希くんのダンスは手の先までしなやかさを感じさせる丁寧なダンスで、私は大希くんのダンスがすきだった。

ただあまりの体格の差に、先日大希くんがイベントで話していた本当は⚪︎⚪︎がやりたいけど、身体の大きさから⚫︎⚫︎を勧められる、という話を思い出してしまい、ちょっぴりせつなくなったりする。

プロテイン、プレゼントしたら少しは筋肉つくのかなー。

そんなことをぼんやり考えて観てしまうのだった。

確か1曲目、恋ブロではいつも歌っている曲。前に聴いた大希くんの声とはまた違った気がした。よくなっている?そんな気がした。

まさしとのハモりもちょうどよく心地よかった。(音響さんありがとう)





華がない、今年の恋ブロはそんな気持ちになってしまったのが正直なところ。海宝くん、小野田くん、西川くんがいないというのは歌の面で、さみしいところがやっぱりある。

今年は新人が2人ということもあり、(矢田くんは除く)何かフレッシュさをテーマに掲げた恋ブロだったのかなーなんて邪推。

やっぱり新人が2人って賭けのような気がするので、そこも何かあったのかなーとは思うんだけど、汲み取れなかったのが悔やまれる。

2人ともタイプが全然違ったのは面白かったです。難しいだろうけど、そこらへんも掘り下げられてたら、もっと引き込まれてたかな。

恋ブロは台本がある、と聞いてから実はトークはあまり楽しめなくなってしまいました。これも台本かーなんて想像してしまって。前回は崩してくれたのは小野田くんだったから、今回は味方くんなのかなー。まだまだって感じが初日はしたので、きっとこれからぶっ壊してくれるのでしょう。

ブロードウェイの楽曲は勉強がまだまだ足りないという感じで、初めてのが多かったので勿体無かったなー。やっぱりミュージカルがすきという嘘をつくのはやめましょう。

博品館後方の席だったのですが、音の届きが悪いので少しざんねんです。傾斜はあるんですが、微妙すぎて舞台も見えにくいので行くたびにせつなくなります。次は新宿Faceでやりませんか?

ラスト2曲は客席の手拍子が早くなってしまっていて、あれはみんな違和感感じなかったのかなー。

手拍子はもともと苦手なんですが、自分のタイミングに合わないのでちょっとどきどきしました。マイペース手拍子してたら、最後はステージから促す手拍子が同じペースだったのでホッとひと安心でした。

どっちかの曲でえびぞり?逆Cジャンプする大希くんはかっこよかったです、素直に。

最後は気持ちよく楽しそうにのびのび歌い踊るみんなが本当に素敵でした。楽しそうな姿っていいなって思うのです。

1回きりと決めてしまいましたが、私にはこれで十分です。

次回、開催をまた楽しみにしています。